株初心者にも分かる株の売買についてのあれこれ

目安時間:約 4分

株を買うときには、何株買いたいかを申し出るわけですが、

何株でもいいというわけではありません。

 

銘柄ごとに売買単位というのが決まっていて、

注文ができるのはその売買単位の整数倍です。

 

例えば1000株単位の銘柄であれば、

1000株、2000株といった注文になります。

 

新聞の株価欄などに載っているのは1株の株価です。

なので1000株単位の銘柄を買う場合には、

最低でもその1000倍ほどのお金が必要になるということになりますね。

 

株価が500円であるならば、最低でも50万円とあと売買手数料が必要となります。

100株単位の銘柄で株価が1万円なら最低でも100万円が必要ということになります。

 

なかには株価が200円台以下という銘柄もあります。

そのような銘柄であれば1000株単位でも10万円~20万円程度で買うことできますが、

株価が安いのには安いなりの理由があると考えるべきですね。

リスクも大きいこともありますので、十分に注意してくださいね。

 

私が初めて買った株は銘柄名はちょっと忘れてしまったんですが、

株価3円の銘柄を10,000株買ったのを覚えています。

 

株価3円で買って4円になったとき売れれば簡単に10,000円儲かる!と単純に思って買ったわけですが、なかなか売れずに焦ったものです。

 

あとで分かったのですが、その銘柄上場廃止することが決まってたんで

そうなることは当たり前ですが、知らないということは怖いですね。

 

あのときは私も若かったですね。

今だったら怖くてそんな銘柄に手を出せません。(笑

 

 

ちょっと話がそれてしまいましたが、

次に株の売り買いにかかるコストについて書いておきます。

 

株を売買した値段に株数を掛けたもの約定代金と呼びます。

例えば500円で1000株を買ったとしたら約定代金は50万円となりますね。

 

株を売買したときには、その約定代金の他に売買委託手数料がかかります。

手数料は証券会社によって違っていて、

1回の売買ごとに手数料がかかるプランとか

1日の売買の合計金額で手数料が計算されるプランとかがあります。

 

そのほかに、証券会社によっては、株を買うと口座管理料がかかるところがあります。

私が株式投資を始めたころはまだ口座管理料をとる証券会社が結構ありましたが、

最近は、ネット証券は基本的に無料、大手証券でも無料のところが多いですね。

 

あと株を売る場合には、約定代金から証券会社が設定している

売買委託手数料分が差し引かれるほか、税金がかかってきますね。

 

 

 

株?Fx?仮想通貨?そんなギャンブルよりも遥かに確実!
でも徹底的にサボって稼ぐビジネス知ってますか?
今すぐ稼げるプレゼントだけじゃなく…
数日後には他では絶対にもらえない有料級のプレゼントも…!?

houchi336.png

この記事に関連する記事一覧

2020年9月
« 8月    
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
282930  
プロフィール

プロフィール画像

リベンジ投資家:wefee
詳しいプロフィール

アドセンスで思うように結果が出ない?
それなら絶対に登録しておくべき必読メルマガはコレ!
gaityu300.png

 
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。